スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短時間労働へ


短時間労働を勤務制度に導入する企業が増えています。
労働力になり得る主婦の皆さまが働きやすい環境づくりがはじまりました。

2014年の総務省「労働力調査」では、週に34時間以下の短時間労働者は
1,669万人と、前年よりも84万人増えています。

そのうちの50万人は女性で、医療や介護に関わる方が14万人と
伸び率が圧倒的に多い統計が出ています。

短時間労働の女性就業者が増えた結果、専業主婦の割合は730万世帯、
夫婦が居る世帯の24,9%とはじめて1/4を割り込みました。


【“短時間労働へ”の続きを読む】
スポンサーサイト

組織は駅伝


バンダイとナムコが統合し、企業の風土を改善している。

二つの会社がひとつになることは、有る意味違う文化が
混ざり合うことです。

社長は社員同士の関係性を密にすることで、親和性が
生まれてお互いをフォローしあえるようになったと話しています。

【“組織は駅伝”の続きを読む】

健康投資が「治療」から「予防」へとシフト


フィットネスクラブの立ち位置が少しずつ
変化し始めています。

これまでは若手中心に、身体を鍛える場所として
認識されてきたジムは、少し年上の世代にも健康志向に
応える場所として変化してきました。


【“健康投資が「治療」から「予防」へとシフト”の続きを読む】

専業主婦は過去のものへ


高度成長期の日本は男性が家族を養い、
女性が家を守る構図が当たり前の時代でした。

日本の社会を支えてきた会社員の家庭では、
1984年までは専業主婦の奥様が1,000万世帯を
越えていましたが、2013年には754万世帯に減少。

この30年間で産業構造は大きく変化してきました。


【“専業主婦は過去のものへ”の続きを読む】

機能性表示制度まもなく


今年の4月より、食品関連にひとつの波がやってきます。

「機能性表示制度」スタート。

これまでは医薬品や特定保健用食品(いわゆるトクホ)や栄養機能食品
にしか謳えなかった、食品の機能性について表示が認められます。

一定の条件を満たした場合に限り、その食品を摂取した際に
期待できるその食材の機能を表示することが出来るわけです。

【“機能性表示制度まもなく”の続きを読む】

| 飯能&八丁堀 カイロプラクティックホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。