スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last Day(19)


2004.9.12
ブラジル日記より


今朝はいつもより若干遅い朝だ。
7時過ぎまで深い深い眠りに着いた。。

おだやかに朝食の時間を過ごすと、8:20の出発まで
残り僅かな時間になっていた。


荷物のピックアップを済ませ、1Fの池の周りに荷物を下ろす。

すぐ隣の食事場所近くでは、早速お互いのcheck(Adjustment)が
始まっていて、私もエリザベスにcheckをお願いした。

彼女は「Netwark」というカイロプラクティックを使い、
私をAjustしてくれた。
ソラストしたのは胸椎と頸椎だけ。
受けている間、不思議と深い海と安らぎの中に居る心地よさを感じた。


今朝の食事の際、シスターから施設のパンフレットとキーホルダーを
プレゼントされた。思い出の詰まった場所の、最高の宝物となった。

車に乗り込む前に、全員に名刺を手渡した。
皆一様に喜んでくれたが、LOUからはメールアドレスの長さに
突っ込まれて笑われてしまった。


車でおよそ15分、大きな屋内のマーケットに到着した。
両替を済ませ、11:30までO先生と二人でひしめくお店を
巡り、お土産も買った。
ブラジルの人は日本人に比べ時間の流れがゆっくりだ。
買い物のペースもやっぱりゆるやかになる。

私たちが買い物袋を手にしていると、店の前を通るたびに
声を掛けられ品物を勧められた。実際に購入するならdiscount
しなきゃ損をする。

皆たくさんのお土産を買い込んで、宿までバスで戻った。
宿に戻ると最後の荷物ピックアップを済ませ、昼食を摂って
いよいよエアポートへ。

エアポートでチェックインを済ませると、今回のMISSION TRIP
でお世話になったサイトの人々が見送りに来てくれていた!

私たちのサイトの仲間、コンセンサオ(マーリオ母)が最初に
声をかけて歩み寄ってくれた。たった一日ぶりなはずなのに
この再会がなんと嬉しかったことか。

BIGハグを済ませると、次いでマーリオ、マーリオの弟、
ヘベッカ、ヘベッカ母、ルワン、と別れを惜しんで大きな
ハグをしてくれた。
他のカイロプラクターもそれぞれのサイトの仲間と別れを
惜しんではハグをして、記念に写真を撮影していた。

そうこうしているとあっという間にボーディングパスの時間。
エアポートの2Fへ移動し、皆と最後の別れをしている。
メールを送り合い、また来年会うことを誓うと後ろ髪を引かれ
ながら入口スロープへと向かいだした。

係員にチケットを手渡し便の確認をしてもらっていると、
後ろの遠くから何かを叫ぶような声が・・・。

振り返ると人をかき分けて男が走って来る!
ヴィトーとウィウヴィスだ!!
二人とも私がいたサイトで通訳を担当してくれた熱い青年だ!
都合で見送りにこれないと思っていたお世話になった二人が、
最後の最後に駆けつけてくれたのだ!

近くにいたマーリオと一緒に輪になって抱き合った。
写真も撮った。本当に本当に嬉しかった。
必ずまた会おう!

エアポートの中へ進み、今度は今回のMISSION TRIPに参加した
すべてのカイロプラクターと最後の別れのハグをした。
皆本当に素晴らしく、愛に満ちた仲間たちだ。

フォルタレイザでエリザベス、ニック、リック、エリック、
ジョディーと別れ、サンパウロでその他のメンバーと別れた。

“SEE YOU SOON!”きっと、またすぐ逢えるだろう。

帰り道の途中、O先生とニューヨークに1時間ほど立ち寄る。
平日朝のニューヨークは人が多い。
そこはすでにもう、明らかにブラジルではなかった。

エアポートまでの電車に乗り、いよいよMission Trip
最後のフライトだ。東京までは約12時間。
少しずつ現実の世界に戻っていく。。

だが、自分は今の自分を大切に生きよう。
そう心に決めていた。

to be next...
スポンサーサイト

| 飯能&八丁堀 カイロプラクティックホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cafeoflife.blog33.fc2.com/tb.php/854-aece1bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

まとめ【Last Day(1】

2004.9.12ブラジル日記より今朝はいつもより若干遅い朝だ。7時過ぎまで深い深い眠りに着いた。。おだやか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。