スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に評論!ランニングソックスその⑥


元実業団ランナー後藤敏雄による
マラソンランナーのための健康エイドステーション
-ランナーズエイドカイロプラクティック-


マラソンを楽しむランナーが3,000万人とも言われる今日、
走りを彩るアイテムも様々なものが登場しています。
ウェアやタイツやシューズなど、選択の幅もさまざま。
そんな中で脚光を浴びずに地味に活躍しているアイテムがあります。

そう、『ランニングソックス』です!

このコーナーでは、私が実際に履き試したランニングソックスに
ついて、勝手に評価を綴っていきます!

ソックス(タイトル画像)20131108



今日ご紹介したいのは
『CW-X(HYO189)』です。


CW-Xと言えばご存知の方も多いと思いますが、本体は女性下着で
有名な「ワコール」。そのワコールのスポーツウェアブランドとして
誕生したのがCW-Xなんです。

この「HYO189」という製品、特長といえば“3D立体設計”。
各所への細かな設計が施されていて、繊細さを感じられる一品です。


ソックス(CW-X①)20131119



【3D立体設計の工夫】
1)足首付近をメッシュ構造で通気性アップ
2)つま先立体設計
3)アーチ保持サポート機能
4)足首サポート
5)ボール形状ヒール

このように細かく配慮を尽くされたこちらのソックス、実際に
履いてみると嫌みのない優しくそれでいてしっかりとした着圧感。
さすがは女性のインナーウェアメーカーです。

アーチのサポートもさることながら、私が感じたのはソックスの
縦ラインに沿った足首、特にくるぶしの後方側のサポート感でした。
アーチの方から足首に向かってサポート力を縦に感じる設計です。

くるぶしの後方といえば、外側には足首を外側へ傾ける短腓骨筋、
内側には親指以外4本の指を曲げる長趾屈筋の腱があります。

足首が横にぶれやすくて不安定な人、あるいは地面をしっかり捉えて
蹴りだしを重視したいときには動きを補ってくれるはずです。

さりげなく足全体をサポートしてくれる感覚のこの設計は、
守りの位置づけとして女性ランナーに支持されること間違いありません。

足首上の方まで保護される設計は、ロングタイツを履いたときの
足首まわりの地肌の露出を防ぎ、寒さ対策にも最適。
さすがワコールCW-Xです!



製品情報はこちら!
http://store.wacoal.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=HYO189


ランナーズエイドカイロプラクティックでは、
毎月ランニングスクールを実施しています。
ビジター大歓迎!!
ぜひわたしたちと一緒に楽しく走りましょう!

http://www.runners-aid.jp/price/#school


スポンサーサイト

| 飯能&八丁堀 カイロプラクティックホーム |

コメント

なんとっ!(゜o゜)
あの「ワコール」から発売されているランニングソックスですか!!

男女共に使えそうですネェ☆
今回のソックスを注目するとはさすが後藤さん!
〝目利き〟が優れていますネ!!

(*^^)v

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cafeoflife.blog33.fc2.com/tb.php/927-4ff56752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。